注意点と種類

注射器

注意点や種類に関する基礎知識

二重整形を受けたいと考えている場合は、費用に関して注意しておきたいことがいくつかあります。まず挙げられる注意点は、「保険が適用されない自由診療になるため施術料がクリニックによって変わる」ということです。一般的な病気治療の場合は保険が適用されるため、決められた料金で治療がおこなわれますが、見た目を良くするという審美的な治療は保険が適用されないので自由診療になります。この自由診療というのは文字通り自由に料金を決められるというものであり、同じ方法でおこなわれる二重整形でも倍近く料金が違ってくることもあるのです。そのため、安すぎるところは注意しておいたほうがよいですし、相場に近い費用でおこなっているところを選んだほうが無難だと言えるでしょう。次に挙げられる注意点は、「料金の仕組みが明確になっているかどうかをまずチェックしておいたほうがいい」ということです。料金の仕組みは、基本的な料金とオプション料金に分かれていることも多いですし、そのオプション料金が追加されて予想より高額になってしまうことがあるからです。もちろん、本人が納得したうえでオプションが追加されるのであれば問題ないのですが、料金の説明が曖昧でよく分からないうちに追加されてしまうということもあり得ます。そのためカウンセリングを受けるときなどに、料金についてよく分からない点がある場合は、質問をしてその疑問を解消することが重要です。そして料金に関して不明な点が残る場合や、納得がいかない場合は、契約を断ることも必要になるでしょう。

二重整形と一口に言っても、実は種類があり、主に「埋没法」と「切開法」と呼ばれる2つに分けることができます。まず「埋没法」とは、医療用の糸を使って二重を作るというものであり、メスを使わない簡易的な方法なのでいわゆるプチ整形の一つとして知られています。埋没法のメリットとしては、メスを使わないため体への負担が少なくダウンタイムも短くて済むということであり、比較的気軽に施術を受けられるということが挙げられるでしょう。そして埋没法は、費用が比較的安く済むということも魅力になっており、本格的な切開法だと20万円〜30万円程度かかるところを5万円〜10万円程度で済ませることができます。そのため埋没法は、手術そのものに不安があったり、費用をあまりかけたくないといった初心者に向いている方法だと言えるでしょう。一方の「切開法」は、メスでまぶたを切開することで二重のラインを作るという本格的なものになります。切開法のメリットとしては、一度施術をすれば永続的な効果が期待できるということが挙げられます。埋没法の場合は、糸で留めているだけなのでしばらくすると元の一重に戻ってしまうことがありますが、切開法であればそのような心配はありません。しかし、切開法は一度施術をすると元に戻すのが難しいため、よく検討したうえでおこなうことが重要になるでしょう。また初心者の場合はいきなり切開法を選ぶケースは少ないと言えますし、最終的に切開法をおこなうとしても、まずは埋没法から試してみるほうがよいと言えます。

Copyright© 2019 目のパワーを高めるだけでこんなに違いがあると実感 All Rights Reserved.